2度目のデートで男性をドキッとさせる手のつなぎ方5パターン

初デートとは違い、2度目のデートでは、ある程度相手のことを理解しているため、勝負に出るとしても戦略を立てやすいでしょう。ここで一気に距離を縮めたいのであれば、思い切って自分から手をつなぎにいってしまうといいかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「2度目のデートで男性をドキッとさせる手のつなぎ方」をご紹介します。

  • 【1】「あっち行ってみよ!」と方向を示しながらさっと手を取る

    「『私についてきて』みたいに手を取られると、『突然何?』と動揺します」(10代男性)というように、相手をどこかに誘導するていで手を握ってしまうパターンです。何の前触れもなく、急に手をつなぐ状況に持ち込むことがポイントになるので、タイミングを見計らってさっと試したいところです。
  • 【2】「混んでるから、はぐれないように…」と言い訳して手をつなぐ

    「『迷子になりそうだから』とか、手をつなぐ理由を用意しているところがカワイイ」(10代男性)など、「〇〇だから手をつなごう」と言い訳を先に述べるのも、男性の目にはいじらしく映るようです。「足元が悪いから」「靴擦れで足が痛いから」「慣れないハイヒールで疲れちゃったから」あたりを状況によって使い分けましょう。