「かわいいな」と思っていた女性への好意が一気に冷める瞬間5パターン


自分にほのかな好意を寄せてくれている男性から、「やっぱり好きじゃない。むしろ氷点下まで冷めた」などと思われてしまったら心外でしょう。このような事態を避けたければ、どんな点に注意すればいいのかを知っておきたいところです。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「『かわいいな』と思っていた女性への好意が一気に冷める瞬間」をご紹介します。

  • 【1】見た目はキレイなのに言葉遣いがめちゃくちゃ汚かったとき

    「機嫌が悪いのか『このクソが!』と叫んでるのを聞いて萎えた。見た目は妖精なのに…」(10代男性)など、言葉遣いの汚さは、容姿とのギャップがあればあるほど男性に負のインパクトを与えてしまうようです。口の悪さに覚えがある人は、普段からなるべく丁寧な話し方を心掛けたいところです。