「いい年をしてイタい」と感じる女性の特徴5パターン


小さな子どもや思春期まっただなかならともかく、そこそこ大人になっても年相応の態度が伴わないと、周囲に違和感を与えてしまうのは当然でしょう。では、どんな女性が「イタい」と見なされてしまうのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「『いい年をしてイタい』と感じる女性の特徴」をご紹介します。

  • 【1】自分のことを「私」ではなく「下の名前」で呼ぶ

    「自分のことを名前で呼んでいいのは幼稚園児まで。わざわざ『〇〇はね…』と言う女は、あざといのか、ちょっと足りないのか…と感じます」(10代男性)など、一人称=自分の名前のせいで、イタいと思われてしまうパターンです。どんな男性にも評価されたいのであれば、「私」と呼ぶのが無難でしょう。