身近な女性を「恋愛対象」として見るようになったきっかけ5パターン

  • 【5】「男勝りに見えるが内面はオトメ」などのギャップに萌えた

    「サバサバしたタイプかと思っていたので、パンダグッズを集めていると知ったときには『そういう人だったんだ』とびっくりした」(20代男性)など、いわゆる「ギャップ萌え」で恋に落ちることもあるようです。目当ての男性が自分に関心を抱いていないようなら、「いつもと違う一面」を見せて反応を試しましょう。

相手の男性との関係性によって、アプローチを検討するといいでしょう。一つのワザでだめなようなら、違う手を繰り出して、なんとか振り向かせたいものです。(雪村一花)
Photo:All images by iStock