身近な女性を「恋愛対象」として見るようになったきっかけ5パターン

意中の男性が自分を恋愛対象として見てくれていないと気付いたら、ガッカリしてしまうもの。しかし工夫次第では、「気になる存在」に昇格することも可能かもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「身近な女性を『恋愛対象』として見るようになったきっかけ」をご紹介します。

  • 【1】落ち込んでいるときにそばにいて慰めてくれた

    「参っているときに親身になってくれたら、やっぱり心が動きます」(10代男性)など、弱っているときに親切にされて、好意が芽生えるパターンです。気になる男性が暗い顔をしているようなら、そっと近づいて「元気ないみたいだけどどうしたの?」と声を掛け、悩みを聞いてあげるといいかもしれません。
  • 【2】趣味や出身地など、共通の話題があることが判明した

    「同じアニメにはまってることがわかり、『観てるなら早く言ってよ』みたいな展開になった」(10代男性)というように、二人の共通項が判明すると、一気に親密になれるようです。どんな切り口から攻めていいのかわからない場合は、SNSの投稿内容などから類推するといいでしょう。