「ひょっとして告白?」男友達を誤解させてしまう恋愛相談9パターン

好きな人の気持ちが理解できないとき、男友達に「男心」を訊ねてみるのは有効な解決策のひとつでしょう。とはいえ、悩み相談は「信頼の証」でもあるので、アプローチを誤ると「俺を頼るってことは、もしかして気がある?」と勘違いを招いてしまうかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「『ひょっとして告白?』男友達を誤解させてしまう恋愛相談」をご紹介します。

  • 【1】「みんなに聞かれたくないから」と目配せする

    「思わせぶりな目線に…もしかしたらと思ってしまう」(10代男性)というように、人目を避けるそぶりから、男性の深読みを誘ってしまうケースです。早とちりを防ぎたければ、ファストフード店や学食など、あえて雑然とした場所を選ぶのもありかもしれません。