慰めになってない…振られた男友達を地味に傷つける一言9パターン

恋に破れた友達を元気づけるのは難しいもの。特に、相手が異性の場合、感情移入がしづらくて的外れな発言をしてしまうこともあるので、「繊細な男心」には配慮が必要かもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「慰めになってない…振られた男友達を地味に傷つける一言」をご紹介します。

  • 【1】「見た目で判断しないでほしいよね!」と外見のマズさを暗に認める

    「弱々しく笑い返すしかなかった(泣)」(20代男性)というように、容姿に自信のない男性の内面を褒めて、むしろ落ち込ませてしまうパターンです。「いい人=男として魅力がない」と受け取る男性もいるので、褒めどころを誤らないようにしましょう。