デートで何か失敗した?と男性を不安にさせる別れ際の一言9パターン

  • 【9】「デートする機会もなさそうだけど…」と次のチャンスを封印する

    「こんなにはっきり拒絶されるとは…と頭が真っ白になった」(20代男性)というように、「多忙な相手の事情を考慮して言った」などの真意が伝わらず、行き違いを招いてしまうパターンです。「でも暇ができたらまた誘って」などとデートの意思があることもしっかり示しましょう。

言葉足らずだったり言い方が率直すぎると、相手を傷つけてしまうようです。慌てずに対処して、お互い気持ちよく家路につきましょう。(安藤美穂)
Photo:All images by iStock