初デートで男性をションボリさせてしまう「不用意な一言」9パターン

緊張しがちな初デートでも、なるべくリラックスして会話を楽しみたいもの。とはいえ、勢い余ってデリカシーに欠ける発言をして、せっかく好意を抱いてくれている男性を落胆させてしまったら、実る恋も実らなくなってしまうかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「初デートで男性をションボリさせてしまう『不用意な一言』」をご紹介します。

  • 【1】「今のお店はイマイチだったね」とデートプランにダメ出しする

    「一番大事な店選びで失敗って、俺ダメすぎ…とガックリきた」(20代男性)というように、男性がセレクトした行き先について否定的な感想を述べて、ショックを与えてしまうケースです。ネガティブな意見は、わざわざ口にしないのが正解でしょう。
  • 【2】「メニュー選びに時間かかってたね」と優柔不断な態度を茶化す

    「言われてもうたー!と逃げ出したくなった」(10代男性)というように、相手としては隠しておきたい欠点を指摘すると、「見抜かれた」と意気消沈させてしまうようです。「全部おいしそうだったもんね」などとフォローして、気まずい空気を一掃したいところです。