二人きりで喋っているのに「ほかの女」の話をする男の本音9パターン


男性と二人きりで喋っている最中に、わざわざほかの女性の話題を持ち出されたら、複雑な気持ちになってしまうもの。その人は、いったいどんな意図であなた以外の女性の名前をちらつかせているのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「二人きりで喋っているのに『ほかの女』の話をする男の本音」をご紹介します。

  • 【1】「嫉妬してくれたらいいな」と、わざとあおっている

    「気持ちを引きたくてちょっと揺さぶってみた」(20代男性)というように、ジェラシーを燃やしてほしくて、ほかの女性に言及する男性は多いようです。憎からず思う相手であれば、あえて乗せられたふりをして、プリプリ怒ってあげてはいかがでしょうか。

  • 【2】「その人を紹介してほしい」と、自分のために動いてもらいたがっている

    「『あの子、フリーなのかな?』と気になってたので、周辺から探りを入れてみたわけです」(10代男性)など、その女性に引き合わせてほしいと考えているパターンです。間に入ってあげてもいいと思うなら、食事会でもセッティングして恩を売ってしまいましょう。

  • 【3】「この人、めちゃくちゃ話しやすいな…」と、異性であることをまったく意識せずに雑談している

    「『なんでほかの女の話をするわけ?』と問い詰められてびっくり。失礼なことをしてたと気付かず…」(20代男性)というように、あなたに「異性」を感じていなかったため、無意識のうちに別の女性の話をしてしまったケースです。リラックスしてもらえるのはともかく、自分が女であることを忘れられてしまうようでは考えものでしょう。

  • 【4】「実は恋愛のアドバイスがほしい」と、悩みを小出しにしている

    「好きな人のことを相談したかったんですけど、ストレートに切り出せなくて、名前をちょいちょい出してしまいました」(10代男性)など、好きな女性についてアドバイスをもらいたがっているパターンです。相談相手に選ばれるというのは信頼の証でもあるので、一肌脱いであげてもいいのではないでしょうか。

  • 【5】「俺に興味があるかどうかを知りたい」と、恋の駆け引きをしている

    「自分に好意があるかどうかを見極めたくて、わざとほかの女の影をちらつかせることはあります」(20代男性)というように、異性として見られているかを測るために、ほかの女性の名前を出して反応を見ることもあるようです。試されていると感じたら、わかりやすいリアクションを返してあげましょう。

  • 【6】「実は距離を置きたい」と、疎遠にしたがっている

    「ほかの女の話ばっかりすれば、さすがに何か変だな、くらいは察してもらえますよね」(10代男性)というように、あなたとの関係をリセットしたがっている可能性もあります。その後はLINEの頻度を落とすなどして様子を見るといいでしょう。

  • 【7】「友人関係から一歩進んで異性だと意識させたい」と、動揺を誘おうとしている

    「仲が良いのはいいけど、緊張感がなくなってきているのはさすがにマズイと思って」(20代男性)というように、あいまいなままの親密さに危機感を覚えて刺激を加えるケースです。「なんで○○ちゃんの話ばかりするの?」などとすねてみせれば、相手からの歩み寄りがあるかもしれません。

  • 【8】「好きな女性のタイプをそっとアピールしたい」と、恋愛対象外であることをほのめかしている

    「真逆のタイプを挙げまくれば、『おまえとはそういうつもりはない』とわかってもらえるかなあ、と…」(10代男性)など、遠回しに「恋愛対象外だ」と匂わせているパターンです。やんわりとした拒絶を感じたら、潔く引いたほうが傷も浅くて済むでしょう。

  • 【9】「あわよくば両方と親密になりたい」と、正直な気持ちをダダ漏れにしている

    「どっちか決められなくて、つい本音が出てしまった」(10代男性)というように、都合の良い考えを隠しきれずに、うっかりほかの女性の名前を出してしまった可能性もあります。好意を持っているなら「ああいう子がタイプなの?」などと、さりげなく決断を迫る手もあるでしょう。

不可解な振る舞いの裏には、思わぬ本音や男性ならではの心情が隠されています。うまく切り返して主導権を握っていきましょう。(佐々木正孝)
Photo:All images by iStock