二人きりで喋っているのに「ほかの女」の話をする男の本音9パターン

男性と二人きりで喋っている最中に、わざわざほかの女性の話題を持ち出されたら、複雑な気持ちになってしまうもの。その人は、いったいどんな意図であなた以外の女性の名前をちらつかせているのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「二人きりで喋っているのに『ほかの女』の話をする男の本音」をご紹介します。

  • 【1】「嫉妬してくれたらいいな」と、わざとあおっている

    「気持ちを引きたくてちょっと揺さぶってみた」(20代男性)というように、ジェラシーを燃やしてほしくて、ほかの女性に言及する男性は多いようです。憎からず思う相手であれば、あえて乗せられたふりをして、プリプリ怒ってあげてはいかがでしょうか。
  • 【2】「その人を紹介してほしい」と、自分のために動いてもらいたがっている

    「『あの子、フリーなのかな?』と気になってたので、周辺から探りを入れてみたわけです」(10代男性)など、その女性に引き合わせてほしいと考えているパターンです。間に入ってあげてもいいと思うなら、食事会でもセッティングして恩を売ってしまいましょう。