「恋愛」から遠のいている自分に贈りたい5冊の書籍の印象的なフレーズ

本当は誰かと一緒に生きていきたいのに、気づけばもう何年も恋をしていない…。自分の置かれた状況を冷静に受け止めたときこそ、「次」に進むチャンスです。これからご紹介する「5冊の書籍の印象的なフレーズ」には、そのためのヒントが隠されています。それではじっくりご覧ください。

  • 【1】自分を好きになれないと、他人も好きになれません

    「まず今の自分を好きになることがすべてのベースです。自分を好きになれないと、他人も好きになれません。自分を好きだと思えない人と本気で友達や恋人になりたいと思う人も少ないと思いますよね」(松岡修造の人生を強く生きる83の言葉|松岡修造|アスコム)というように、「今の自分」を肯定することが、誰かを愛する第一歩になるのかもしれません。恋愛に縁がないと、まるで自分には魅力がないかのように思い込んでしまうものですが、「私って結構イケてる。自分のことが好き」と強く心に念じて、自信を取り戻しましょう。
  • 【2】「愛されたい」とがんばるのではなく、ダメな私のままでいいとあきらめましょう

    「愛されたい」とがんばるのではなく、ダメな私のままでいいとあきらめましょう。もし、ネガティブな感情がわき出てきたら、消し去ろうとしないで。その感情を味わい、感じ切ると、すーっと消えていきます」(ゲスな女が、愛される。あっという間に思い通りの恋愛ができる!|心屋仁之助|廣済堂出版)というように、「ダメな私」を受け入れて、肩の力を抜くこともときには必要でしょう。「愛されること」が目的になると、自分を偽ったり、本当の気持ちを見つめられなくなってしまうもの。実りある恋を引き寄せたければ、「ありのままの自分」を認めるのが近道かもしれません。