今、話題の恋愛マニュアル本から学んだ「女性のほうからデートに誘う自然なセリフ」6パターン

「デートに誘うのは男性から」「お付き合いは男性がリードすべき」と考える人はまだまだ多いもの。それゆえ、気になる男性がいても、自分のほうから行動を起こしていいものか迷う女性は多いのではないでしょうか。『スゴレン・恋の参考書』では、2009年のサイト立ち上げ以来、延べ8000以上のオリジナルコラムを配信し、恋愛に悩む日本の男女を応援してきましたが、たまには趣向を変えて、巷で話題の「恋愛マニュアル本」を取り上げてみたいと思います。そこで今回は、著名な恋愛識者たちの意見を参考に、「女性のほうからデートに誘う自然なセリフ」をご紹介します。

  • 【1】「もし食事できたら、楽しそう」とif話法を賢く使う

    「一晩で1600万円を売り上げた伝説のホスト」として恋愛セミナーなどを主宰する著者が、意中の男性を3カ月でモノにするテクを指南する『シークレット婚活術』(井上敬一・SBクリエイティブ)によると、「もし○○できたら」というif話法は、かなり汎用性が高いとされています。「もし食事できたら、すごく盛り上がりそう」、「もし食事できたら、大笑いしちゃいそう」、「もし食事できたら、料理も美味しく感じちゃうと思う」といった言い回しで男性の自尊心をくすぐると、「よければ今度メシでもどう?」と誘いの言葉を引き出せるかもしれません。