「大人の女の余裕」を感じる立ち居振る舞い9パターン


ぶりっこな言動で「女子力」をアピールするのもいいですが、「大人の女」が振りまく優雅で甘美な魅力の前では、それも霞んでしまうもの。周囲の男性をハッとさせる「大人の女ならではの行動」には、どんなものが挙げられるのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「『大人の女の余裕』を感じる立ち居振る舞い」をご紹介します。

  • 【1】「きっと何とかなるよ」とトラブルにも笑顔で対処する

    「『大ピンチ!』とうろたえるような場面でもニコニコできるのはさすがだと思った」(20代男性)というように、窮地に陥っても冷静さを失わずににこやかに応じる女性に、大人ならではの心のゆとりを感じるケースです。とはいえ、たやすいことではないので、無理のない範囲で頑張りましょう。

  • 【2】「そんなに悪い人じゃないと思うよ」と陰口をたたかれている人をさりげなく援護する

    「悪口大会をトーンダウンさせてくれてほっとした」(10代男性)など、一方的な意見ばかりが通るシーンで中立的な見方を提示するのも、大人らしいクレバーさを感じさせるようです。むきになってかばうと逆効果になりかねないので、「釘をさす」程度に留めたいものです。

  • 【3】「それ、なかなか面白いね!」と常に人の話を興味深く聞く

    「面白そうに聞いてくれて、鋭い質問を投げかけてくれる知性にグッときます」(20代男性)というように、聞き上手であることも、大人の女の条件の一つのようです。「へえー」「そうなの?」「なるほど」などと相槌をうまく使い分けましょう。

  • 【4】「大丈夫。大したことないって」と失敗した人を上手に励ます

    「『次、頑張ればいいじゃない』と声を掛けてくれたこと、忘れません」(20代男性)など、心に傷を負った男性に寄り添える女性も大人の包容力を感じさせるようです。間違っても傷を広げたり傷口に塩を塗るような結果にならないよう、慎重に接しましょう。

  • 【5】「ごめんね、今のは私が悪かったね」と自分に非があるときは素直に謝る

    「俺も悪かったのに、先に謝ってくれた人間力に参りました」(20代男性)というように、自らの非を率直に認められる女性も、精神的な成熟を感じさせるようです。言い訳がましく言葉を重ねるよりも、さっと頭を下げる潔さで度量を示したいところです。

  • 【6】「理由を聞かせてもらえますか?」と納得のいかないことはクールに追及する

    「うやむやにしてごまかそうとする上司を冷静に問い詰める姿に、漢を感じました」(20代男性)など、スルーできない物事については追及の手を緩めない姿勢も男性を感動させるようです。とはいえ、ヒステリックな印象を与えたくなければ手加減は必要かもしれません。

  • 【7】「これ以上飲んだらアウトだからやめとく」と飲酒量をコントロールする

    「羽目を外しすぎないところが一枚上手だと感じます」(20代男性)というように、自制の利く姿で「大人感」を漂わせるパターンです。ほろ酔いでちょっとだけ脇が甘くなりながらも「あっ、これじゃいけない」と慌てる姿で周囲の男性を萌えさせましょう。

  • 【8】「ピーピー。放送禁止でーす」とエスカレートした下ネタには上品に警告する

    「上から目線でたしなめたりしないでくれたおかげで空気が悪くならずに済んだ」(10代男性)など、叱り方や咎め方にも、大人の女ならではのゆとりがあると、素直に受け入れてもらえるようです。キツい言い方にならないよう、言葉を選ぶ必要がありそうです。

  • 【9】「これ、使って」とお札を渡して会計の場で男性を立てる

    「おかげで男としてメンツが保てました」(20代男性)というように、会計の様子を見て、不足金額をさっと出せるのも、大人の女ならではの目配りでしょう。お店の人にわからないようなスマートな渡し方を試みたいものです。

「大人の女」ならではの態度や姿勢は、一朝一夕に身につくものではありません。普段から意識して少しずつ近付きましょう。(倉田さとみ)
Photo:All images by iStock