「女性経験少なめ男子」を狙う場合のモテメイク9パターン


恋愛経験が少ない男性は、リアルな女性とふれあう機会にも恵まれないので、女性に幻想を抱きがちなもの。そんな男性を好きになってしまった場合、いわゆる「バッチリメイク」では敬遠されるおそれがあるので、気を付けたほうがいいかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「『女性経験少なめ男子』を狙う場合のモテメイク」をご紹介します。

  • 【1】細すぎず太すぎない「ナチュラル眉マスカラ」

    「いかにも『描いてます』な眉毛はダメらしいです」(20代女性)というように、女性経験少なめ男子は、メイクの「わざとらしさ」を嫌う場合があるようです。眉毛は細すぎず、太すぎないフォルムに整え、仕上げに髪色と合わせた眉マスカラでさっと撫でる程度にしましょう。

  • 【2】自然な発色を思わせる「クリームチーク」

    「『顔が赤いよ』と言われてビックリした」(10代女性)というように、女性経験少なめ男子は、わざと頬を赤くするような「おフェロメイク」に対し、色っぽさより不自然さを感じてしまうようです。「血色がいい」というくらいのナチュラルな発色を目指しましょう。

  • 【3】アイライン引いている!と思わせない「インライン」

    「バッチリアイメイクは威圧感を与えるみたいです…」(20代女性)というように、目を大きく見せるための努力は、むしろ女性経験少なめ男子を委縮させるおそれがあるようです。人形のようなアイラインは特に印象が強いので、まつげの隙間を埋める程度の「インライン」のみに留めましょう。

  • 【4】厚塗り感のない「ツヤ肌リキッドファンデ」

    「本気で『すっぴんがいい』って言う人たちだから…(苦笑)」(20代女性)というように、肌のアラを隠そうとファンデを塗り重ねるのも女性経験少なめ男子には不評のようです。カバー力よりもツヤ感を重視して、「素肌がキレイ」に見えるベースメイクをしましょう。

  • 【5】人工的な赤みを抑えた「うるツヤリップ」

    「ドーリーなメイクは気持ち悪がられます」(10代女性)というように、真っ赤な口紅やヌルヌルしたグロスは、女性経験少なめ男子にとって「メイクしてます感」が強すぎるようです。薄付きの口紅を塗り、唇の真ん中にだけ透明のグロスを重ねて、ヌーディな唇で勝負しましょう。

  • 【6】「つけま」よりなじむ「短めまつげエクステ」

    「『まつげが重そう』と言われてウケが悪いことに気付いた」(10代女性)というように、人気の「つけま」も女性経験少なめ男子には違和感しか与えないようです。短めのまつげエクステなら「つけま」より「つけてる感」が少ないので、検討の価値アリではないでしょうか。

  • 【7】自然なグラデーションになる「ブラウンアイカラー」

    「目立つ色は『かわいい』より『うわ、派手!』と思われてしまうのでアウトです(笑)」(20代女性)というように、女性経験少なめ男子には、メイクのトレンドを理解してもらうよりも、歩み寄りの姿勢を見せたほうがいいようです。茶色系のグラデで優しげな目元になるメイクを心がけましょう。

  • 【8】ボリュームより長さ重視「ロングマスカラ」

    「そもそも目に何か塗ることが信じられないみたい(苦笑)」(20代女性)というように、お人形のような目を目指してマスカラを重ね塗りすると、女性経験少なめ男子は引いてしまうようです。どちらかというと切れ長の目を目指して、長さ重視のマスカラを使いましょう。

  • 【9】すっぴん好き男子ウケ抜群の「BBクリーム」

    「メイク時間が長いと言われてショックでした」(20代女性)というように、女性経験少なめ男子は「作り込み感」を嫌うようです。日頃からベースはBBクリームのみ、ポイントメイクもあくまで自然に仕上げていれば、ナチュラルさが評価されるのではないでしょうか。

そもそも男性と女性の美的感覚にはズレがありますが、女性経験少なめ男子は特にそれが大きいようです。自分では「薄すぎるかも」と感じるレベルのメイクをすると、ちょうどいいのかもしれません。(小倉志郎)
Photo:All images by iStock