「隣に女の子がいてくれたら…」と猛烈に寂しさを実感する瞬間5パターン

世の男性が「恋人のいない寂しさ」を痛感するのは、どのような瞬間なのでしょうか。そのタイミングさえ押さえておけば、意中の相手とお近づきになることも難しくないかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「『隣に女の子がいてくれたら…』と猛烈に寂しさを実感する瞬間」をご紹介します。

  • 【1】辛いことがあり、誰かに慰めてほしくなったとき

    「こんなとき彼女がいたらヨシヨシしてもらえるのに…と思ったら泣きたくなりました」(10代男性)というように、心が弱っているときに、誰かの支えがほしくなる男性は多いようです。意中の相手が落ち込んでいる様子なら、そっと近づいて声を掛けると、一気に距離が縮まるかもしれません。
  • 【2】カップルだらけの場所にいて、自分だけ一人だと気付いたとき

    「街を歩いてたらどっちを向いてもカップルばかりで『なんで俺は一人』と世を恨みました」(20代男性)というように、仲睦まじい様子の男女と比較して自分の境遇を呪うケースです。寂しい気持ちとは裏腹に「彼女なんていらない」とうそぶく男性も多いので、気になる人がこの手の発言をしても真に受けないほうがいいでしょう。