別れたがっている彼氏の決意を強めてしまう「悪あがき」9パターン


大好きな彼氏が別れを望んでいることが分かったら、考え直してもらえるように、なんとか手を打ちたいもの。とはいえ、ここでミスを犯すと取り返しがつかなくなってしまうので、逆効果になりそうな振る舞いは極力避けたいところです。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「別れたがっている彼氏の決意を強めてしまう『悪あがき』」をご紹介します。

  • 【1】「私にはあなたしかいないの…」と涙ながらに追いすがる

    「泣かれてもウザいだけ。ますます別れたくなった」(10代男性)というように、涙を武器に彼氏を思いとどまらせようとすると、逆に破局を早めてしまうかもしれません。むしろ涙をこらえながら気丈に振る舞ったほうが、切実な想いが伝わりそうです。

  • 【2】「本当にいろいろごめん!」と中身のない謝罪を繰り返す

    「思わず『ごめんってなにが?』と冷たい態度を取ってしまった」(20代男性)というように、別れたい理由が判然としないまま謝っても、誠意を感じてはもらえなさそうです。まず気持ちが離れた原因を尋ねてから、反省の言葉を述べるのが順当でしょう。

  • 【3】「悪いところは全部直すから!」とあきらかに無理な約束をする

    「できもしないこと言って…と、どんどん気持ちが冷めていった」(20代男性)というように、彼氏を引き止めたい一心で大風呂敷を広げると、相手をますますシラケさせてしまうようです。せめて約束をひとつに絞って、リアリティを感じさせたいところです。

  • 【4】「ヤダ!絶対別れない!」と子どものように駄々をこねる

    「あれじゃ話し合いにもならないし、めんどくさ!って心底イライラした」(10代男性)というように、「嫌だ、嫌だ」の一点張りでは、なんの解決にもならないでしょう。少し時間を置いて頭を冷やしてから出直したほうが、建設的なやりとりができそうです。

  • 【5】「二番手でもいいから一緒にいて」と自暴自棄な妥協案を示す

    「そっちはそれでよくても、こっちは迷惑でしかない」(20代男性)というように、関係を続けられるよう譲歩したつもりが、「自分勝手だ」と非難されてしまうパターンです。自分が相手の立場だったらどう感じるかを考えて、慎重に言葉を選びましょう。

  • 【6】「もう一度だけギュッとして…」と色仕掛けで愛を取り戻そうとする

    「『そういうことで片がつく問題じゃない』とキッパリ拒否した」(20代男性)というように、体を張った作戦に出ても、恥をかくだけかもしれません。一時的に成功したとしても、すぐにほころびが生じそうなので、自分を安売りするのは控えましょう。

  • 【7】「交際を申し込んできたのはそっちでしょ?」と責任を追及する

    「俺に拒否権はないのかよ…と呆れた」(20代男性)というように、「別れようなんてズルい」などと妙な理屈をこねると、「話にならない」と一蹴されそうです。ただし、交際開始直後に心変わりをされたなら、この一言をぶつけても理不尽ではないでしょう。

  • 【8】「私と別れたらいろいろ困ると思うよ」と脅迫めいたセリフを繰り出す

    「俺のことを本気で好きじゃないことがはっきりして、完全に決意が固まった」(10代男性)というように、止むに止まれず「脅し」で引き止めようとすると、愛情を疑われるおそれがあります。仮に戻ってもらえたとしても、心からは喜べなさそうです。

  • 【9】「あなたの気持ちが戻るのをいつまでも待ってる」と執念を燃やす

    「気持ちが離れた今となっては、重いとしか思えない」(20代男性)というように、一方的に「永遠の愛」を誓っても、相手に執着しているようにしか映らないようです。ここは思い切って彼氏を手離し、改めて復縁の機会を狙ったほうが得策かもしれません。

下手にあがくと、事態を悪化させてしまいそうです。焦らずじっくり考えて、賢く立ち回りましょう。(安藤美穂)
Photo:All images by iStock