別れたがっている彼氏の決意を強めてしまう「悪あがき」9パターン


大好きな彼氏が別れを望んでいることが分かったら、考え直してもらえるように、なんとか手を打ちたいもの。とはいえ、ここでミスを犯すと取り返しがつかなくなってしまうので、逆効果になりそうな振る舞いは極力避けたいところです。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「別れたがっている彼氏の決意を強めてしまう『悪あがき』」をご紹介します。

  • 【1】「私にはあなたしかいないの…」と涙ながらに追いすがる

    「泣かれてもウザいだけ。ますます別れたくなった」(10代男性)というように、涙を武器に彼氏を思いとどまらせようとすると、逆に破局を早めてしまうかもしれません。むしろ涙をこらえながら気丈に振る舞ったほうが、切実な想いが伝わりそうです。