彼氏をドン引きさせる「元カレ話」9パターン


彼氏に「元カレの話」をするのは、ただでさえリスキーなもの。内容によってはドン引きされて、二人の関係にヒビが入るおそれもあるので、注意したほうがいいでしょう。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「彼氏をドン引きさせる『元カレ話』」をご紹介します。

  • 【1】「たまたま彼氏がいなかったから付き合っただけ」と交際のきっかけが適当すぎる

    「もしかしたら俺もそうじゃないの?と心配になった」(10代男性)というように、付き合った理由が適当すぎて、彼氏を不安にさせるケースです。交際の経緯を聞かれたら、「向こうからすごく押されて…」などともっともらしいことを答えるほうがまだマシでしょう。

  • 【2】「ぶっちゃけ、誰でもよかったんだよね」と節操がない

    「彼氏の前で言うセリフか?と恋愛に対する姿勢を疑った」(20代男性)など、付き合う相手が「誰でもよかった」などとぶちまけてしまうと、人としての信頼を失いかねません。「隠し事がないこと」と「あけすけで品がないこと」は紙一重なので、節度をわきまえたいものです。

  • 【3】「プレゼントのセンスとか最悪だった」と相手の気持ちを踏みにじる

    「そんな風に値踏みしていると思うと、今後あげるのが怖くなる」(20代男性)など、元カレからのプレゼントへの痛烈な批判も、性格の悪さを思わせてしまうようです。男性の気持ちを踏みにじるタチの悪い女だと思われたくなければ、口を慎みたいところです。

  • 【4】「服装がダサいし、話もつまらなかった」と辛らつにこき下ろす

    「俺も別れたらボロクソに言われそう…」(10代男性)というように、たとえ今カレを持ち上げるためであっても、元カレを小馬鹿にするのはまずそうです。悪しざまに言うのではなく、笑えるネタを紹介する程度に留めましょう。

  • 【5】「お金持ちだからキモオタでも我慢してた」とあまりにひどい本音を漏らす

    「所詮、お金で買える安い女だとわかって付き合ったことを後悔した」(20代男性)など、たとえ本音でも口に出してはいけないことがありそうです。「彼氏が元カノのことを同じように言ったら…」という想像をしてみるとこの手のミスは防げるかもしれません。

  • 【6】「馬鹿すぎて、聞いたこともない大学しか行けなかった」と学歴を蔑む

    「どういう神経でそんなことが言えるんだと呆気にとられた」(20代男性)など、他人の学歴についてあれこれ言うのは、元カレに限らず避けたほうがよさそうです。出身地や勤め先についてそしるのも、聞く人をいい気分にさせるものではないので、やめておきましょう。

  • 【7】「背が低くていっしょに歩くのが恥ずかしかった」と身体的な特徴をディスる

    「そんなのわかってて付き合ったんじゃないの?と思わず元カレに同情した」(10代男性)というように、本人も気にしていたであろう部分をディスるのは悪質な印象を与えるようです。身長や顔の造形など、努力してもどうにもならない部分はいじらないでおきましょう。

  • 【8】「安月給だし、将来性がなさそうだと思ったから…」と別れた理由が計算高い

    「打算で彼氏を選ぶと知って、女の怖さを実感した」(20代男性)など、別れた理由に「稼ぎの低さ」を挙げるのは現実的すぎるようです。「もう少し向上心のある人だったらよかったんだけどね」などと言い方を変えれば、ニュアンスが違ってくるかもしれません。

  • 【9】「体の相性だけは最高だったんだけど…」と懐かしそうに夜の営みを振り返る

    「エッチの話って、俺に一番言っちゃいけないことだと思う」(20代男性)など、元カレとの夜の営みに言及するのはご法度のようです。彼氏に「俺との営みも、よそでペラペラ喋るのか」と危惧を抱かせかねないので気を付けましょう。

話の流れで「元カレのこと」を打ち明けたくなる場面もあるかもしれませんが、それを聞いた彼氏がどう思うかを冷静に見極めてから口を開く必要があるでしょう。(石原たきび)
Photo:All images by iStock