変わらずにいて!昔好きだった女性に大事にしてほしい長所9パターン


歳を重ねるごとに、人として、また女性として、変化していくのは自然なこと。とはいえ、男性の心にいつまでも残るような魅力的な長所だけは、簡単に手放したりせず、今後の恋愛に活かしたほうがいいかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「変わらずにいて!昔好きだった女性に大事にしてほしい長所」をご紹介します。

  • 【1】子どものように無邪気に笑い転げるなど「天真爛漫なところ」

    「人生いろいろあるけど、あの明るさはなくさないでほしい!」(10代男性)というように、「笑顔を忘れないで」と願う男性は多いようです。年相応の落ち着きを兼ね備えていけば、無邪気なだけではない「大人の女性のかわいらしさ」を体現できるのではないでしょうか。

  • 【2】ファッションや美容に手を抜かないなど「女子力が高いところ」

    「自分磨きを怠らない姿勢は見てて感心したし、男にもいい刺激を与えると思う」(20代男性)というように、きれいでいるための努力は、やはり続けるべきでしょう。たまに横着する日があっても、それを慢性化させないよう気を引き締めたいところです。

  • 【3】困っている友達にさりげなく声を掛けるなど「気配り上手なところ」

    「今も昔のままなら、どこへ行っても人から好かれるはず」(20代男性)というように、生活環境や人間関係が変わっても、周囲の人々への気配りは忘れずにいたいものです。「気遣いの押し売り」になっていないか、自分の行動を振り返ることも大切でしょう。

  • 【4】ふと目にしたテレビCMに号泣するなど「涙もろいところ」

    「ここで泣く?って驚いたりもしたけど、人柄がにじみ出てて好きだった」(10代男性)というように、自分では長所だと思えない一面が、男性には好ましく映る場合もあるようです。涙もろい自覚がある人も、喜びや感動のそれなら、無理に我慢する必要はないでしょう。

  • 【5】ドジを踏んでもむしろそれを糧にするなど「ポジティブなところ」

    「元カノの前向き思考には、随分助けられました」(20代男性)というように、打たれ強く、精神的にタフな女性に励まされる男性は少なくないようです。とはいえ、つらいときには肩肘を張らずに男性に助けを求めたほうが、かわいげがあると思われそうです。

  • 【6】他人のミスを責め立てず笑って許すなど「心が広いところ」

    「きっちりしすぎてなくて居心地よかった。癒し系でいてほしいです」(10代男性)というように、大らかな性格の人は、その持ち味を活かしたほうがよさそうです。ただし、理不尽な思いをさせられたときは、疑問や不満をきちんと伝えるべきかもしれません。

  • 【7】聞こえがいい意見に流されないなど「芯がしっかりしているところ」

    「頑固な一面もあったけど、その子には一目置いてた」(20代男性)というように、自分なりの正義感や道徳心を大事にすると、男性から信頼を寄せてもらえそうです。人の意見にも耳を貸すよう心がければ、強情なイメージを持たれずに済むでしょう。

  • 【8】悩みを抱える友達の気持ちに寄り添うなど「共感力が高いところ」

    「自然にああいう行動を取れる女性を、男が放っておくわけがない」(20代男性)というように、人を思いやる心はもちろんのこと、行動に移す積極性も持ち続けたほうがいいでしょう。自分ならどうしてほしいかを考えて、適切な振る舞いをしたいところです。

  • 【9】好きになった相手を一途に想い続けるなど「愛情深いところ」

    「いい交際をさせてもらって、元カノには感謝しかない」(20代男性)というように、好きになった男性に惜しみなく愛を注げば、どんな結果に終わっても幸せな記憶が残りそうです。独りよがりにならない形で想いを示せば、重くなりすぎることもないでしょう。

昔の自分を思い返すのも悪くないかもしれません。持ち前の長所を活かしながら、魅力的な女性になりましょう。(安藤美穂)
Photo:All images by iStock