実家の親から「同級生が結婚したよ」と言われたときの返し9パターン


いわゆる適齢期に入り、同級生の結婚の話がぽつぽつ出てくるようになると、世間体を気にする親が、様子をうかがってくるものです。「結婚まだ?」と言われるのが嫌で、帰省をおっくうに感じる人もいるかもしれませんが、ここは絶妙な「返し」を用意して挑みたいところです。そこで今回は、20代から30代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「実家の親から『同級生が結婚したよ』と言われたときの返し」をご紹介します。

  • 【1】「結婚は早ければいいってわけでもないでしょ?」とド正論をぶつける

    「早すぎる結婚で不幸になった人もたくさんいますから…」(20代女性)というように、結婚で重要なのは早い遅いの問題ではないと説くパターンです。反論されたら、「焦って結婚して、失敗してもいいの?」などと畳みかけてしまいましょう。

  • 【2】「それ以上は何も言わなくてもいいから」とシャットダウンする

    「まず、話を聞く姿勢を見せてはだめだと思います」(30代女性)というように、断固として結婚の話に耳を傾けないパターンです。それでもしつこく言われる場合は、親としばらく距離を置くことで意思表示しましょう。

  • 【3】「欲しいのは私の幸せではなく家族のメンツでしょ?」と親の考えを深読みする

    「娘の結婚で自分たちが安心したいだけなのでは?と思うので」(20代女性)というように、やたら結婚を勧める親に、その裏にある気持ちを自覚させるパターンです。世間体ばかり気にすることに釘を刺したいときにガツンとぶつけましょう。

  • 【4】「いい人がいたらとっくの昔に結婚してるわよ!」と意図的にキレる

    「親だって結婚の話題を出すたびにキレられたら嫌でしょ(笑)」(30代女性)というように、わざと親に食って掛かって、それ以上話を続けさせないパターンです。あまりにしつこくされるようなら、心を鬼にして、ここ一番のキレ芸を炸裂させるといいかもしれません。

  • 【5】「まだ結婚したいって思えないんだよね」と本当の気持ちを素直に語る

    「相手がいないし、結婚のメリットがわからないので」(20代女性)というように、今の段階では結婚の必要性を感じていないことをストレートに伝えるパターンです。親が結婚の素晴らしさをとうとうと語りはじめたら、「よけいにその気が失せた」とダメ押ししましょう。

  • 【6】「同級生は何人か離婚したらしいよ」と失敗例を突きつける

    「実際、私の周りでは離婚は珍しい話じゃないです」(30代女性)というように、万一うまくいかなかったときのことを想像させるパターンです。結婚生活はDVや浮気などの不幸と隣り合わせであることを具体的にイメージしてもらうといいでしょう。

  • 【7】「もう少しママの子どもでいたい。二人で旅行に行きたいし…」と母心をくすぐる

    「母だって、娘と離れがたい気持ちはあるはずなので」(20代女性)というように、まだ甘えん坊な娘でいたいと漏らして、親心に訴えるパターンです。結婚の件以外では良好な母娘関係を築くことができているのであれば、すんなり引き下がってもらえるかもしれません。

  • 【8】「へんなやつと結婚してもいいわけ?」と問いかける

    「幸せになるのが目的なのに、結婚が目的になってしまったらいけないですよね」(20代女性)というように、焦る親を冷静にさせるためにシビアな質問をぶつけるパターンです。これという相手もいないのに、親に急かされたときに効果的なセリフでしょう。

  • 【9】「ママは結婚してよかったと思う?」とイタいところを突く

    「自分はよく離婚したいと言っているクセに(苦笑)」(20代女性)というように、親自身が本当に結婚することの素晴らしさを実感しているのか問いただすパターンです。波乱万丈の夫婦生活を送ってきた両親であれば、ガツンと響きそうです。

娘を心配する親の気持ちに理解を示しつつ、「結婚は人に勧められたり、人を喜ばせるためにするわけではない」ということを、強めに伝えるといいかもしれません。(外山武史)
Photo:All images by iStock