二つ返事で「行く行く !」と言いたくなる女子からのお誘い9パターン


「気になるカレを自分から誘ってみたいけど、どう切り出せばいいかわからない」と悩んでいる女性は少なくないようです。男性に重たく思われず、気軽に「いいよ」と言ってもらえる誘い方には、いったいどんなものがあるのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたスゴレン独自の調査を参考に「二つ返事で『行く行く!』と言いたくなる女子からのお誘い」をご紹介します。

  • 【1】コミュ力の高そうな女子から「友達誘ってみんなで鍋パしよう」

    「いきなり一対一じゃないほうが、気軽に会える」(10代男性)というように、まずは複数での遊びに誘われたほうが気負いがないという男性もいるようです。相手が奥手な場合は、徐々に距離を縮めてから二人だけのデートに誘ってみてはいかがでしょうか。

  • 【2】機械に弱い女子から「一緒にパソコン選んで」

    「『教えて』って言われるのって、結構心地よい(笑)」(20代男性)というように、女性からの頼まれごとを嬉しく感じる男性は多いようです。「パソコン選び」など目的がハッキリしていれば、男性も深く考えずにOKを出しやすいかもしれません。

  • 【3】カラオケ好きの女子から「ひとりカラオケ飽きちゃった、よかったら一緒にどう?」

    「自分もカラオケ好きだから、『喜んで!』って感じ」(10代男性)というように、共通の楽しみがあるならそれを取っ掛かりにするとよいかもしれません。会話の流れでノリよく誘えば、相手も応じやすいのではないでしょうか。

  • 【4】LINEにて料理写真とともに「ここのカレー美味しいんだって。一緒に行かない?」

    「ビジュアルに誘われて、いっそう乗り気になる!」(10代男性)というように、美味しそうな食べ物の画像で気を引くパターンです。相手の食の好みをリサーチしておいて、上手にきっかけを作りましょう。

  • 【5】自分の趣味に合わせたイベントを提示されて「今週末まで○○展が開催されているから行きましょう」

    「趣味を一緒に楽しめる子って、理想的」(20代男性)というように、男性が好きなものを口実に誘えば、食いつきが期待できそうです。映画に誘うとしても、相手の好みを優先して作品を選ぶとよいのではないでしょうか。

  • 【6】突然連絡がきて「約束してた友達がライブに行けなくなったんだけど、時間あったら一緒にどう?」

    「たまたま時間のあるときに急な誘いがあると、思わず行きたくなる」(20代男性)というように、突発的に誘うのも成功率は低くないようです。前もって誘って変に勘ぐられそうなら、ダメ元で当日声を掛けてみるのも手かもしれません。

  • 【7】やや困った雰囲気で「ちょっと相談に乗ってほしいんだ」

    「自分を頼ってくれたんだから、力になってあげたいと思いますね」(20代男性)というように、何かの「相談役」に指名して男性の責任感を刺激すると、二人きりでの面会が実現しそうです。とはいえ、あまりに重すぎる内容では引かれてしまうので、相手の反応に注意しましょう。

  • 【8】少し照れた様子で「お一人様ばかりでさみしいから、一緒に食事してくれませんか?」

    「控えめな言い方なのに、実は思いっきり誘ってる感じ…萌えます(笑)」(10代男性)というように、駆け引きなしの素直な誘い方は好感度が高いようです。「あのラーメン屋さん、ひとりで入りづらくて…」などとお一人様に気後れする理由を挙げれば照れ隠しもできそうです。

  • 【9】大勢で食事をしたあとに「今度はふたりで行きましょうね」

    「ドキっとする言い回しには、『俺のこと好きなの?』と期待する」(20代男性)というように、「ふたりきりで」を強調して、好意をほのめかすのも王道のようです。少なからず脈がありそうな相手であれば、思い切った言い方をするのが近道かもしれません。

誘われるのを待っているだけでは、恋愛に結びつかないことが多いものです。男性のタイプや二人の距離感に合わせた誘い方を考えて、一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。(山下陽子/Office Ti+)
Photo:All images by iStock