「クリスマスデートを重視する彼女」に対する男性の本音9パターン


「彼氏と過ごすクリスマス」に胸を躍らせる女性は多いもの。とはいえ、「楽しみだね!」と同意を求めても向こうが同じテンションだとは限らないので、気持ちがすれ違うことがないように、男性の本音を知っておくと安心かもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「『クリスマスデートを重視する彼女』に対する男性の本音」をご紹介します。

  • 【1】「なにがそんなに楽しみなんだか…」と内心引いてしまう

    「デート自体はイヤじゃないけど、彼女のテンションは正直理解不能です…」(20代男性)というように、彼女に共感できないまま、とりあえず従っている男性は少なくないようです。自分だけ盛り上がってウンザリされないよう、相手の顔色をよく見て発言しましょう。

  • 【2】「子どもみたいに純粋でかわいいなあ」と心から愛おしくなる

    「大人になってもクリスマスにワクワクできるって、素敵ですよね」(10代男性)というように、「楽しみ!」とはしゃぐ姿を、好意的に受け止めている男性もいます。心待ちにするだけでなく、デートのアイデアなどを提案して、積極性も見せたいところです。

  • 【3】「サプライズを仕掛けて喜ばせようかな!」と俄然やる気が出る

    「思い出に残るデートにしてあげたいと思った」(10代男性)というように、素直にワクワクする姿を見せれば、ここぞとばかりに奮起してもらえるかもしれません。なにか企画してくれているようなら、下手に口を挟まずすっかりお任せしたほうが、スムーズにことが運びそうです。

  • 【4】「早く店探して予約入れなきゃ…」とプレッシャーを感じる

    「彼女に言われて、やべえ…とお尻に火がついた」(20代男性)というように、彼女がウキウキしているのを見て、慌てて準備を始めるケースです。さりげなく、しかし繰り返しクリスマスの話を振って、彼氏に重い腰を上げさせましょう。

  • 【5】「特別な夜を過ごせそうでめっちゃ楽しみ!」と妄想が膨らむ

    「『待ち遠しいね』と上目遣いされて、心の底から同意した(笑)」(20代男性)というように、こちらのワクワク感が彼氏に伝染して、相乗効果を生み出すパターンです。いい雰囲気でデート当日を迎えられれば、幸せな聖夜を過ごせそうです。

  • 【6】「繁忙期だから休みが取れないかも」と仕事のことが頭をよぎる

    「各方面にどうやって根回ししよう…と考え込んでしまった」(20代男性)というように、彼氏が難しい顔をするのは、デート日を確保するための策略を練っているからかもしれません。相手の都合に日にちを合わせて、理解のあるところを見せつけてもいいでしょう。

  • 【7】「毎年このテンションで来られるとキツイな…」と先が思いやられる

    「俺たち、価値観合わないのかも…と心配になった」(20代男性)というように、相手がイベント嫌いの場合、今後の交際を危ぶまれるおそれもあります。この機会に価値観をすり合わせて、お互い理解を深めたいところです。

  • 【8】「だったらお前も少しは協力しろよ!」と彼女への不満が湧き上がる

    「こっちは大変なんだよ!とカチンときた」(10代男性)というように、「クリスマスは大事」と主張しておきながら、デートの準備を彼氏に丸投げしたら、立腹されても無理はないでしょう。二人で協力して段取りよく進めたほうが、むしろ絆が深まりそうです。

  • 【9】「俺のことを特別な存在と思っててくれて嬉しい」と幸せを感じる

    「『こうやって思い出が増えていくんだね』と言われて、胸が熱くなった」(20代男性)というように、クリスマスを一緒に過ごす意味を分かってもらえたら、どんなデートであれ素敵な一日になりそうです。「あなたがいることが何より大事」と上手に伝えましょう。

自分の考えを押しつけないことが大切なようです。彼氏と足並みを揃えて、幸せなクリスマスを迎えましょう。(安藤美穂)
Photo:All images by iStock