彼氏の「冬のボーナス額」をさりげなく尋ねる一言9パターン


彼氏に「俺のお金が目当てなの?」と思われるのが嫌で、懐事情に関する話を避ける女性は多いでしょう。とはいえ、いつもよりまとまった金額が入るボーナスは、いくらだったのか気になってしまうもの。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「彼氏の『冬のボーナス額』をさりげなく尋ねる一言」をご紹介します。

  • 【1】「今年は20万円出たよ」と自分のボーナス額を伝えて探りを入れる

    「先に金額を言われたら自分も言わないといけないですよね」(20代男性)というように、先手必勝で先に支給額をバラして彼氏にも答えさせるパターンです。ただし、こちらの金額が大きいと彼氏が本当のことを言えなくなってしまう可能性もあるので気を付けましょう。

  • 【2】「冬のボーナスって100万円くらい?」と適当な金額を出してカマをかける

    「期待が大きすぎてビビったので本当の額を教えちゃいました」(20代男性)というように、多めの予想額をぶつけて反応を見るのも面白そうです。彼氏のプライドをくすぐる意味で、できるだけ多めの金額でカマをかけるといいかもしれません。

  • 【3】「うまい棒で換算したら何本?」とユーモアを交えてあぶりだす

    「6万本!みたいに答えたくなりますよね」(20代男性)というように、お金ではない何かに換算してもらうのもいいでしょう。お菓子など安いものにたとえると、ユーモアがあって嫌な雰囲気にはなりにくそうです。

  • 【4】「普通どのくらいもらえるものなの?」と素朴な質問をぶつける

    「『うちの会社は30代前半で60万円くらいらしいよ』とか、そんな感じで説明してしまいました」(20代男性)というように、あくまで「一般的な額」として質問するパターンです。細かく知りたい場合は、「2年目でどのくらいもらえるの?」などともう少し絞り込んでもいいかもしれません。

  • 【5】「私のボーナスは…いくらでしょう?」とボーナス当てクイズを出す

    「惜しい!とか言っているうちに支給額がバレちゃいました」(20代男性)というように、ボーナス当てクイズを仕掛けてみるのもいいでしょう。ピタリ賞だけでなく、ニアピン賞も作って、じわじわと核心に迫りたいところです。

  • 【6】「仕事できるからめっちゃもらったんでしょ?」と彼氏のプライドをくすぐる

    「まあぼちぼちかな…みたいに答えちゃいますね」(20代男性)というように、彼氏の仕事ぶりを褒めながら聞くパターンです。ただし、ハードルを上げすぎると実際の金額を言い出しにくくなるので、ほどほどに褒めましょう。

  • 【7】「ボーナスは貯金するの?」と使い道について聞く

    「貯金とか、ローンとかの話をしているときにポロッと漏らしてしまいました」(20代男性)というように、支給額ではなく何に使うつもりかという切り口で聞いてみるのもいいかもしれません。使い道を聞けば、彼氏の将来性をはかることもできそうです。

  • 【8】「ボーナスの平均って○○万らしいね」とニュースのネタから切り込む

    「僕は平均より少ないわ…とバラしてしまいました」(20代男性)というように、市場予測の金額を切り口にして迫っていくのもいいでしょう。支給額ではなく、前年度比で聞いてみるのもアリかもしれません。

  • 【9】「ところでいくら出たの?」とサラッと聞く

    「反射的に答えてしまいました…」(20代男性)というように、挨拶代わりに聞くくらい軽いノリで質問すれば、彼氏もそれに釣られて答えてくれそうです。付き合いの長いカップルなら、ボーナスの支給額を聞き出すために変化球はいらないでしょう。

どの聞き方がベストなのかは彼氏の性格や付き合いの深さによって変わってきそうです。卑しさを感じさせないトーンで質問をぶつけてみましょう。(外山武史)
Photo:All images by iStock