初対面で「付き合ったら依存されそう」と感じる女性の特徴9パターン


男性から「重そう…」と思われても、得することなどあまりなさそうです。初対面でそう見なされてしまう女性には、いったいどんな共通項があるのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性へのアンケートを参考に「初対面で『付き合ったら依存されそう』と感じる女性の特徴」をご紹介します。

  • 【1】人によって態度を変え、ねらった男性には上目遣いでアピールする

    「一度つかまったらしつこくされて逃れられなくなりそう」(10代男性)というように、ハンター気質を見破られ、警戒心を抱かせてしまうケースです。たとえ一目ぼれしたのだとしても、初対面では「誰に対してもにこやかな女子」でいたほうが勘違いされずに済むでしょう。

  • 【2】「ダイエットが続かない」など、自己管理ができないエピソードを披露する

    「自分に甘い子って感情のコントロールもできない気がする」(10代男性)というように、軽い気持ちで失敗ネタを話したつもりでも、「自分を律することができない女子」のレッテルを貼られてしまう危険があるようです。「無駄遣いが多い」「部屋が汚い」などの話題も誤解を生むので避けたほうがよさそうです。

  • 【3】会話の中心が自分じゃないと、明らかにつまらなそうな顔をする

    「自分の気持ち第一優先の人って、こちらの都合を考えずに甘えてきそうでイヤ」(20代男性)というように、周囲への気遣いができない態度は、大人として未熟な印象を与えてしまいそうです。面倒な女だと思われたくなければ、とにかく愛想よくしておくのが無難でしょう。

  • 【4】「男はこうあるべき」などと、性差別的な決めつけが多い

    「『女は男に頼るのが当たり前』とか言われると違うかなと思う」(20代男性)というように、偏った意見を口にする女性は、柔軟さに欠ける印象を与えるようです。本音はさておき、初対面では発言内容をよく吟味したほうがよさそうです。

  • 【5】仕事への不満が多く、明らかに現状に満足していない

    「職場に居場所がない女の子って、男にベッタリ依存しそう」(20代男性)というように、日々の生活が充実していない女性は、恋愛に逃避しそうだと思われてしまうようです。仕事の苦労を明かすとしても、冗談混じりの口調に留めましょう。

  • 【6】コミュニケーション能力が低く、友達が少なそうである

    「何でも彼氏頼りになりそうだし、それに応える自信もない」(10代男性)というように、社会性が乏しい女性との交際を重荷に感じる人もいます。話し上手でないとしても、礼儀正しい受け答えを心掛けるだけで、この手の懸念は払拭できそうです。

  • 【7】何に対してもうなずくばかりで、自分の意見を言わない

    「何を考えてるのかわからないし、すべての責任を押し付けられそうで怖い」(20代男性)というように、意思表示をしない女性は「不可解で不気味」だと思われてしまいそうです。人見知りで初めから自分を出せないという人も、最低限の感情表現はしたほうがよさそうです。

  • 【8】何かにつけて「年齢」に触れ、結婚への焦りが垣間見える

    「必死にしがみつこうとしているように見える」(20代男性)というように、「結婚」への執着心をのぞかせると、男性を及び腰にさせてしまうかもしれません。前のめりすぎるとかえって可能性を狭めてしまうので、まずは相手をよく知るところから始めてみてはいかがでしょうか。

  • 【9】「どうせ私なんて…」といちいち自分を卑下する

    「自分に自信が持てない女子って、付き合う男を神格化しそうで怖い」(10代男性)というように、あまりにネガティブすぎる女性は、人格のバランスが悪そうだと見なされてしまうようです。自分を落とした物言いをしがちな人は、意識してその回数を減らしたほうがいいかもしれません。

お互いを深く知るようになるまでは、明るい笑顔を心がけて「感じのいい人」だと思ってもらうのが先決でしょう。(山下陽子/Office Ti+)
Photo:All images by iStock