元カレに「ヨリを戻したい!」と思わせるイメチェン作戦9パターン


自分を振った元カレに、別れた当時とほとんど変わらない姿でアプローチしても、スルーされるのがオチというもの。本気でヨリを戻したいなら、元カレが目を見張るほど素敵に生まれ変わって、「復縁」を意識させるといいかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「元カレに『ヨリを戻したい!』と思わせるイメチェン作戦」をご紹介します。

  • 【1】周りの人に笑顔で接するなど、親しみやすいキャラになる

    「ガラリと印象が変わってて、初対面みたいに緊張した」(20代男性)というように、表情豊かな「雰囲気美人」になって、元カレをドキッとさせる方法です。感じのいい女性になって損することはないので、この機会に自分を変えてみてはいかがでしょうか。

  • 【2】ナチュラルな髪色に戻して、清楚なイメージを作り上げる

    「清楚系になってる!とビックリして、目が釘付けになった」(10代男性)というように、ヘアスタイルを劇的に変化させるのも、インパクト大のようです。相手が見慣れてしまう前に日を置かずに急接近して、親密なやりとりを復活させたいところです。

  • 【3】元カレが好きそうなファッションを積極的に取り入れる

    「かわいい子がいると思って近づいたら元カノで、そのまま立ち話した(笑)」(10代男性)というように、元カレ好みの服装をしたら、注意を引けるかもしれません。あからさまに趣味を合わせて、「もしかしてまだ俺のことを…」と予感させるのも手です。

  • 【4】コンタクトを眼鏡に替えて、知的な雰囲気を漂わせる

    「前はクールなイメージではなかったから、ドキッとした」(20代男性)というように、眼鏡などの小道具ひとつで、全体的な印象を変えることも可能なようです。逆に、眼鏡をコンタクトに替えて瞳の美しさを強調すれば、目が合ったときに威力を発揮できるでしょう。

  • 【5】ダイエットや筋トレで美脚を実現し、惜しげもなく披露する

    「もう他人なんだからと自分に言い聞かせながらも、ついチラ見してしまった」(20代男性)というように、ボディラインに磨きをかけて、元カレの視覚と本能を刺激する作戦です。色気全開で迫って安く見られても困るので、見せ方は加減しましょう。

  • 【6】上品な立ち居振る舞いを身につけ、大人の女性へと変貌を遂げる

    「こんな素敵になるなら別れなきゃよかった…とちょっと後悔」(20代男性)というように、相手と久々に会うなら、思い切り大人びた雰囲気で登場するのもよさそうです。付け焼刃だとボロが出そうなので、これがデフォルトになるよう日々努力しましょう。

  • 【7】これまで以上に熱心に仕事に取り組み、「できる女」を目指す

    「今ならちょうどいい距離感で付き合えそうな気がした」(20代男性)というように、一旦恋愛を忘れて仕事に打ち込むことで、かえっていい結果に結びつく場合もあります。同志として切磋琢磨するうちに、いつしか元の関係に戻っているかもしれません。

  • 【8】友達に思いやりを示すなど、内面的な美しさを感じさせる

    「これまで元カノのいいところを見逃してたのかも、と反省した」(10代男性)というように、もともとの長所をさらに伸ばすだけでも、「素敵になった」と好印象を与えられそうです。とはいえ、元サヤを狙って過剰にいい人ぶるのはやりすぎでしょう。

  • 【9】毎日を生き生きと過ごし、あえて独り身の充実感を見せつける

    「元カノの楽しそうな顔を見て、やっぱいいなと懐かしくなった」(20代男性)というように、多少強がってでも凛とした姿を見せれば、もう一度、相手を惹きつけることができるかもしれません。元カレに自分を追わせることができれば大成功でしょう。

元カレを取り戻せるなら、イメチェンする価値は十分ありそうです。「新しい私」を見せつけて、昔のイメージを上書きしてしまいましょう。(安藤美穂)
Photo:All images by iStock