気になる女性との食事デートで一気に好意が冷めた瞬間9パターン


ちょっといいなと思っていた男性から、食事デートに誘われたとします。「テーブルを囲んで食べる」というのは、人間の本性が露呈しやすい行為なので、うっかりボロを出さないよう、注意して臨んだほうがいいかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「気になる女性との食事デートで一気に好意が冷めた瞬間」をご紹介します。

  • 【1】食べたいものを聞いても「なんでもいいよ」と主体性がなかったとき

    「『なんでもいい』と言ったくせに、いざ食べ始めると『別の料理にすればよかった』と言い出してウンザリした」(20代男性)など、自分の意思をはっきり伝えずに相手を苛立たせるパターンです。どうしても決められなければ、「あなたと同じものにします」と返すのが無難でしょう。

  • 【2】隣のテーブルのカップルを品定めし始めたとき

    「『あれ絶対不倫だよね』とかヒソヒソし出して、性格悪い女だと思った」(20代男性)というように、品のないことを言ってムードをぶち壊すパターンです。けなすにしても褒めるにしても、周囲の客の観察は、デート中の話題には不向きかもしれません。

  • 【3】運ばれてきたものをいちいち「原価安そう…」と計算し出したとき

    「しかも、店員に聞こえるぐらいの大きさで言うのでヒヤヒヤした」(20代男性)というように、さもしい感想を告げて男性をドン引きさせるパターンです。本音はともかく、思ったことをなんでも口に出していいわけではないので、加減をわきまえたいところです。

  • 【4】あいづちを打つだけで会話に参加する姿勢が見られなかったとき

    「何を聞いても『うん』『違う』だけしか答えないので、途中で帰ろうかと思った」(10代男性)など、会話を盛り上げずに男性をがっかりさせるパターンです。料理と会話がセットになってこその食事デートだということを忘れないようにしましょう。

  • 【5】一皿ごとに「これは○キロカロリー…太りそう」と計算されたとき

    「気持ちはわかるけど、そういう計算は家でやってほしい」(20代男性)というように、細かいカロリー計算で楽しい食事の場を台無しにするパターンです。どうしてもカロリーが気になる場合は、あらかじめそれを考慮した注文を考えたほうがいいかもしれません。

  • 【6】「これなら自分で作ったほうがおいしいかも」と身も蓋もないことを言われたとき

    「偉そうな態度にイラッときたし、ホントに作れんのかよと思った」(20代男性)というように、身も蓋もない感想で男性を怒らせるパターンです。たとえ本気でそう感じたとしても、食事中に言うべきセリフではなさそうです。

  • 【7】「店の選択を間違ったね」と誘った自分を批判されたとき

    「食べている最中に店の選択ミスを指摘されて、一生懸命選んだ自分がかわいそうになった」(20代男性)など、上から目線の物言いで男性をムッとさせるパターンです。相手が店を選んでくれた場合は、その選球眼を大げさなほど褒めるくらいがちょうどいいでしょう。

  • 【8】会計がおごりか割り勘かをしつこく確認されたとき

    「もともとおごるつもりだったのに、何度も聞かれていっそ割り勘にしてやろうかと思った」(20代男性)というように、支払いを気にしすぎて男性の機嫌を損ねるパターンです。おごってもらった場合も「こんどは私がごちそうするね」などと気遣いの言葉を添えましょう。

  • 【9】自分で注文した料理なのに半分以上残されたとき

    「『私の口には合わない』と言いたげで何様かと憤った」(20代男性)というように、料理を残して男性を後味の悪い気分にさせるパターンです。どうしても食べきれない場合は、せめて「思ってたより早くお腹いっぱいになっちゃった…」などのエクスキューズが必要かもしれません。

お互いのことをまだあまり知らない段階での食事デートでは、あらぬ誤解を生むこともありそうです。最低限のマナーを守って相手に好印象を与えるような言動を心がけましょう。(石原たきび)
Photo:All images by iStock