「ぶりっこだけど…OK!」と思わせる小悪魔おねだり術9パターン

男性にお願いごとをするなら、かわいげのある言い方を心がけたいもの。いっそ、これでもかというほどの「ぶりっこなおねだり」をしたほうが、相手の心に響くかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「『ぶりっこだけど…OK!』と思わせる小悪魔おねだり術」をご紹介します。

  • 【1】「どうしてもダメ?」と上目遣いで相手を見つめる

    「その表情はずるい!と思いながらも、つい応じてしまった(笑)」(20代男性)というように、物欲しげに男性を見上げてノックアウトする方法です。「あざといかな?」などと余計な心配はせず、渾身の「かわいい顔」で相手をメロメロにしてしまいましょう。
  • 【2】「ねえねえ、これ欲しいなあ」と服の袖をツンツン引っ張る

    「遠慮がちな様子にグッときて、『しょうがないなあ』とあっさり降参」(20代男性)というように、不意打ちの「袖ツンツン」に弱い男性は多いようです。この種の子どもっぽい振る舞いには、おねだりの図々しさをカモフラージュする効果もありそうです。