「なに勝ち誇ってるのよ…」とウンザリした自慢女の言動9パターン

女性として自信を持つのは素敵なことですが、表現の仕方を間違えると、ウザいだけの「自慢女」だと思われてしまうようです。そこで今回は、オトメスゴレンの女性読者の声を参考に、「『なに勝ち誇ってるのよ…』とウンザリした自慢女の言動」をご紹介します。

  • 【1】「声かけてくるのはイケてない男ばっかりで…」と迷惑そうにする

    「何を贅沢言ってるの?」(20代女性)というように、アプローチしてくる男性を安く見積もる発言は、周囲をイラッとさせるようです。「でも、声かけられるだけでも感謝しないと…」と一言添えるなど、謙虚さを感じさせれば、不快に思われないかもしれません。
  • 【2】「ゴメン、今日デートなのー」と大きな声で友達の誘いを断る

    「『私はアンタたち暇人と違う』ってアピールだよね?」(10代女性)というように、恋人との約束があるからといって、誇らしげに友人の誘いを断るのも反感を買いそうです。自慢したくても「ゴメン、先約があって」などと、デートの予定を伏せて断るのがベターでしょう。