メイク全体を小汚く見せてしまう「些細な失敗」9パターン

  • 【5】下まぶたににじんだ「マスカラ」

    「パンダ目はメイクの失敗の典型だと思う」(20代男性)というように、にじんだマスカラは誰の目にも明らかな化粧崩れなので、男性からも不評のようです。ウォータープルーフタイプのものを使ったり、マスカラコートを重ねたりすると、多少泣いても大丈夫なくらいには状態をキープできるでしょう。
  • 【6】取れかけて不自然に突っ張る「アイプチ」

    「アイプチの二重って相当うまくやらないと変なんだよね」(20代男性)というように、取れかけて一重に戻りかけた目にギョッとする男性も多いようです。事故的に外れてしまうリスクを思えば、一重を生かすメイクを研究したほうがいいのではないでしょうか。