メイク全体を小汚く見せてしまう「些細な失敗」9パターン


メイクは細かい作業の連続なので、急いでいると失敗することもあります。ちょっとしたミスでもメイク全体を残念なものにしてしまう場合があるので、注意するに越したことはないでしょう。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「メイク全体を小汚く見せてしまう『些細な失敗』」をご紹介します。

  • 【1】外れかかった「つけまつげ」

    「つけまがブラブラしてると情けない感じがする」(20代男性)というように、まぶたの上で外れかかっているつけまつげは、男性をなんとも微妙な気持ちにさせてしまうようです。よく外れてしまうという人は、いっそまつげエクステを検討してはいかがでしょうか。

  • 【2】前歯に付着した「赤リップ」

    「言っちゃ悪いけど、汚いイメージです」(10代男性)というように、歯に何かがついていると、それがリップであっても青のりと同じくらいの「小汚さ」を感じさせてしまうようです。ティッシュで一度唇を押さえ、鏡で確認するひと手間を習慣にしたいものです。

  • 【3】わずかにゆがんだ「アイライン」

    「目の輪郭が変だと気になってしまう」(20代男性)というように、アイラインは目を閉じたときによく見えるものなので、自分で思う以上に他人に与える違和感が大きいようです。どうしても手元が狂ってしまうなら、まつげの間を埋めるようにインラインを引いてみましょう。

  • 【4】乾燥で粉を吹いた「ファンデ」

    「肌がボロボロだとなんだかかわいそうに見えてしまう」(10代男性)というように、粉を吹いたファンデは同情さえ誘う存在のようです。クリームファンデやリキッドファンデに変えるだけでも、ずいぶん保湿されるので、乾燥が防げるのではないでしょうか。

  • 【5】下まぶたににじんだ「マスカラ」

    「パンダ目はメイクの失敗の典型だと思う」(20代男性)というように、にじんだマスカラは誰の目にも明らかな化粧崩れなので、男性からも不評のようです。ウォータープルーフタイプのものを使ったり、マスカラコートを重ねたりすると、多少泣いても大丈夫なくらいには状態をキープできるでしょう。

  • 【6】取れかけて不自然に突っ張る「アイプチ」

    「アイプチの二重って相当うまくやらないと変なんだよね」(20代男性)というように、取れかけて一重に戻りかけた目にギョッとする男性も多いようです。事故的に外れてしまうリスクを思えば、一重を生かすメイクを研究したほうがいいのではないでしょうか。

  • 【7】汗で消えかけた「アイブロウ」

    「まゆげがないのは本当にホラーです」(10代男性)というように、夏場などに汗でアイブロウが流れてしまうと、薄いまゆげが露わになり、見る人を怖がらせてしまうようです。もとのまゆげが薄い人は、マスカラタイプのアイブロウを選び、消えない対策をとりましょう。

  • 【8】パールのテカりが過剰な「フェイスパウダー」

    「パウダーをつけすぎるとギラギラしてちょっと怖い」(20代男性)というように、フェイスパウダーの適量を見誤ると、肌がきれいになるどころか不自然にテカって見えてしまうようです。手の甲でパフについた粉の量を調整して、薄付きを目指しましょう。

  • 【9】糸くずが付着した「グロス」

    「ベタベタしたところにゴミがついてるなんて最悪」(20代男性)というように、潤いやツヤを表現するはずのグロスは、ゴミがつくことで一気に不潔な印象になるようです。グロスを塗ってからリップを重ねると、適度にベタつきが抑えられ、そのような悲しい事故も起こりにくいのではないでしょうか。

「つけすぎ」や「とれかけ」などのちょっとしたミスで全体の印象を台無しにしたくなければ、それなりに注意が必要なようです。事前に対策をとるのはもちろん、他人に指摘される前に気づけるよう、どんなときもミラーを持ち歩くようにしましょう。(小倉志郎)
Photo:All images by iStock