メイク全体を小汚く見せてしまう「些細な失敗」9パターン

メイクは細かい作業の連続なので、急いでいると失敗することもあります。ちょっとしたミスでもメイク全体を残念なものにしてしまう場合があるので、注意するに越したことはないでしょう。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「メイク全体を小汚く見せてしまう『些細な失敗』」をご紹介します。

  • 【1】外れかかった「つけまつげ」

    「つけまがブラブラしてると情けない感じがする」(20代男性)というように、まぶたの上で外れかかっているつけまつげは、男性をなんとも微妙な気持ちにさせてしまうようです。よく外れてしまうという人は、いっそまつげエクステを検討してはいかがでしょうか。
  • 【2】前歯に付着した「赤リップ」

    「言っちゃ悪いけど、汚いイメージです」(10代男性)というように、歯に何かがついていると、それがリップであっても青のりと同じくらいの「小汚さ」を感じさせてしまうようです。ティッシュで一度唇を押さえ、鏡で確認するひと手間を習慣にしたいものです。