「上目遣いの自撮り写真」で与えてしまう悪印象9パターン

  • 【7】「何度も撮り直しをしているんだろう」とヒマ扱いされる

    「ライティングとかにものすごい工夫の痕跡があると、何とも言えない気持ちになる」(10代男性)というように、自撮り写真に情熱をかける暇人だと呆れられるパターンです。そのうえ、公開頻度が高すぎるとイタいと思われてしまうので、「最高の一枚」は小出しにするのがよさそうです。