「異性として見られてない!?」と男性を傷つける雑な接し方9パターン

意中の男性以外には関心を持てず、ついついぞんざいな扱いをしてしまう人は少なくないでしょう。とはいえ、無意識のうちに誰かにダメージを与えているとしたら、少しは態度を改めたほうがいいかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「『異性として見られてない!?』と男性を傷つける雑な接し方」をご紹介します。

  • 【1】目の前で平気で化粧をする

    「口を開けてマスカラを塗り始めたときは、『そう来たか!』とガックリきました」(10代男性)というように、男性にうっかり身づくろいの場面を見せると、「緊張感を抱く存在ではない」と思っていることが伝わってしまうようです。そもそも、人前でのメイクは控えるのが一般的なマナーでしょう。