同僚男性の「OK」を引き出しやすいデートの誘い文句9パターン

5 Sure-Fire Ways to Get Your Coworker to Go on a Date with You

同僚男性をデートに誘いたくても、断られたときのことを考えて慎重になる女性は多いもの。ヘンに意識させず、気軽にOKしてもらうには、どういう誘い方をすればよいのでしょうか。そこで今回は20代から30代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「同僚男性の『OK』を引き出しやすいデートの誘い文句」をご紹介します。

  • 【1】あくまでも仕事という雰囲気の「食事しながら打ち合わせしよう」

    「外での打ち合わせはよくあることだから」(20代男性)というように、目的を「打ち合わせ」にすれば、OKをもらえる可能性は高そうです。ただし相手は仕事モードなので、恋愛を意識させるなら「○○君とゆっくり話したいから」と言い添えるなど、もうひと押しが必要かもしれません。
  • 【2】仕事終わりのタイミングに合わせた「帰りにご飯食べて行こうよ」

    「仕事仲間と帰りがけに食べて飲むのは普通の流れ。予定がなければまず断らない」(30代男性)というように、「仕事帰りの食事」は王道の誘い文句のようです。相手の残業に合わせて自分も残り、一段落ちついた時間帯に声をかければ、より自然に誘えそうです。