初対面で「高飛車な女」と判断されてしまうリアクション9パターン

初対面の男性と話していて、緊張のあまり思った以上に強い口調になってしまったことはないでしょうか。自分らしくない受け答えのせいで「偉そうに」などと睨まれても心外なので、「避けるべきリアクション」を覚えておいたほうがいいかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「初対面で『高飛車な女』と判断されてしまうリアクション」をご紹介します。

  • 【1】「あ、私それ苦手」と好き嫌いでトークを強制終了する

    「なに様?とカチンときた。話す気が一気に失せました」(20代男性)というように、相手の話を「好きか嫌いか」で一刀両断して、ドン引きされるケースです。苦手だと感じても口には出さず、「どのへんが魅力なの?」などと聞き役に回るのが得策でしょう。