マイルドすぎて彼氏にまったく伝わらない「別れの言葉」9パターン

彼氏とお別れすることに決めたとしても、できれば相手を傷つけたくないもの。とはいえ、遠回しにこちらの意思をほのめかす程度では、別れ話だと気づいてもらえないかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「マイルドすぎて彼氏にまったく伝わらない『別れの言葉』」をご紹介します。

  • 【1】がんばれよ!と普通に応援されてしまう「仕事に集中したい」

    「てっきり励ましてほしいのかと…」(20代男性)というように、仕事を理由に別れを匂わせて、的外れなリアクションしか得られないパターンです。「交際を続ける余裕がない」などと畳みかけて、彼氏の存在が重荷になっていることを、なんとか気づかせたいところです。
  • 【2】暇ができたら連絡して!と受け流されてしまう「これから忙しくなるから」

    「単なる業務連絡だと思った」(10代男性)というように、「忙しい」「時間がない」などのよくある事態を持ち出しても、別れ話だとは認識されないようです。「いつ連絡できるか分からない」とまで言えば、さすがに事の重大さを感じてもらえるでしょう。