彼女候補から除外されてしまう「デート中のとっさの一言」9パターン

デートで会話が弾み始めたら、少しずつ緊張感が薄れていくもの。それ自体は喜ばしいことですが、うっかりガサツな一言を口走って、「こんな女性だったのか…」と幻滅される展開だけは避けたいところです。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「彼女候補から除外されてしまう『デート中のとっさの一言』」をご紹介します。

  • 【1】ディナーの席で漏らすと白い目で見られてしまう「うまっ!」

    「思わず素が出たというか…。意外と口が悪くて失望した」(20代男性)というように、おいしいものを口にしたときに粗野な表現を用いると、お食事デートが台無しになってしまうようです。ここは「おいしい!」と瞳を輝かせるのが正解でしょう。