出しゃばりすぎ!新婦にイラッとされる結婚式での振る舞い9パターン

  • 【7】結婚の心得のようなものを上から目線で語る

    「未婚のあんたは何を知っているの?と突っ込みたくなった(苦笑)」(30代女性)というように、結婚のあれこれについて花嫁に語るのも、ありがた迷惑なもののようです。声を掛けるなら、「幸せになってね」「新郎と仲良くね」など、前向きな応援メッセージにとどめましょう。
  • 【8】見苦しいほど必死になってブーケトスに参戦する

    「なんかもう痛々しかったです…」(30代女性)というように、ブーケを死ぬ気で獲りにいくような人がいると、殺伐とした空気を招いてしまうようです。「ゲットできたらラッキー」くらいのテンションで挑みたいところです。