出しゃばりすぎ!新婦にイラッとされる結婚式での振る舞い9パターン

結婚式の主役は花嫁。列席者はあくまで引き立て役のはずなのに、晴れの場で悪目立ちしてしまう女性は少なくありません。彼女たちのほとんどは自覚がないので困りものですが、あなたは大丈夫でしょうか。そこで今回は、20代から30代の女性に聞いたアンケートを参考に「出しゃばりすぎ!新婦にイラッとされる結婚式での振る舞い」をご紹介します。

  • 【1】花嫁よりも目立つロングドレスで登場する

    「アンタはハリウッドセレブかなんかか?と思いました」(20代女性)というように、あまりにド派手なドレスで参加すると、さすがに場違いな印象を与えてしまうようです。あくまで参列者は引き立て役であることを意識して、分をわきまえましょう。
  • 【2】露出度の高い服で色気を振りまく

    「完全に男の視線を集めようとしていますよね…」(30代女性)というように、他人の結婚式で過剰に肌を晒すのもお下品というものです。色気で攻めるのは、カジュアルな雰囲気の二次会からにしてはいかがでしょうか。