「相合傘」に誘われたときの小悪魔行動9パターン

  • 【9】「実はけっこう嬉しいかも…」と相合傘に照れながら喜ぶ

    「自分も同じ気持ちだったから、この一言で交際を申し込む決心がついた」(20代男性)というように、不意の相合傘に胸を躍らせて、こちらの好意をやんわり伝える方法です。ほんの少し勇気を出すだけで、男性との関係が通常より早く進展するかもしれません。

相合傘の下で、いかに親密な空気を作るかがポイントのようです。特別なシチュエーションを上手に利用して、自分をアピールしましょう。(安藤美穂)
Photo:All images by iStock