「相合傘」に誘われたときの小悪魔行動9パターン

  • 【4】「あっ、水たまり気をつけて」と相手の足元を気遣う

    「さりげない優しさに、すっかりやられました」(20代男性)というように、傘をさすことで手一杯になっている男性を悪路から守ってあげると、細やかな心配りに感激してもらえそうです。口で言うだけでなく、腕などに触れて注意を促しても喜ばれるでしょう。