彼氏を「ストーカー化」させてしまう中途半端な別れ方9パターン

  • 【8】「少し距離を置きたい」と完全な破局を言い渡さずにお茶を濁す

    「こっちとしては、別れたっていう認識はなかった」(20代男性)というように、それとなく関係をフェイドアウトさせようとして、失敗するケースです。彼氏があまりにもすんなり了承した場合は、こちらの意向を伝え直したほうが安心かもしれません。