女性からの「いい人」という言葉に男性が傷つく理由9パターン

「いい人」という褒め言葉を額面通りに受け取らず、なぜかネガティブな意味を感じ取ってしまう男性は意外に多いようです。では、どうすればそのような誤解を防ぐことができるでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「女性からの『いい人』という言葉に男性が傷つく理由」をご紹介します。

  • 【1】「無害」「存在感がない」という意味と同じように思えるから

    「まるで空気のように扱われている気持ちになりました」(20代男性)など、影の薄さをからかわれているかのように受け取ってしまうケースです。安心感を伝えたいのなら、「一緒にいるとほっとする」などのポジティブな表現に改めたほうが良いかもしれません。