彼氏に「ワガママ」を聞いてもらえるベストタイミング9パターン

「かわいいワガママ」は、彼氏との関係にちょっとした刺激を与えてくれるもの。身勝手なお願いを「恋のスパイス」に変えるには、どんなタイミングで切り出すといいのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「彼氏に『ワガママ』を聞いてもらえるベストタイミング」をご紹介します。

  • 【1】一緒においしい物を食べて、お腹も心も満たされているとき

    「幸せな気分だったから、断るとか思いつかなかった(笑)」(10代男性)というように、楽しく食事をしたあとなら、多少面倒な話でも、にこやかに耳を傾けてもらえそうです。頼み事をするときは、いきなり持ち掛けず、まずは彼氏の胃袋を満足させるのが得策でしょう。
  • 【2】自分の誕生日や二人の記念日が近いとき

    「『交際一周年記念に指輪がほしい』と言われて、喜んでもらえるなら…と」(20代男性)というように、記念日にかこつけておねだりする方法です。普段は倹約家の彼氏でも、理由が理由だけにお金をケチるわけにはいかないと観念するでしょう。