お花見に興味がなさそうな彼氏を連れ出すとっておきのプラン9パターン

  • 【3】飲んべえには必殺「お花見×昼飲み」

    「考えてみりゃ、日の高いうちから外でお酒をあおれるのは花見シーズンならではの醍醐味」(20代男性)というように、昼酒を楽しむお花見デートを提案するパターンです。いざ実行するとなると、けっこうな長丁場になる可能性が高いので、トイレの確認などもしておきましょう。