お花見に興味がなさそうな彼氏を連れ出すとっておきのプラン9パターン

まだまだ寒いこの時期は、「お花見デートをしたい!」と一人意気込んでも、彼氏がなかなかその気になってくれないかもしれません。では、どんな口実があれば出不精な彼氏を外に連れ出せるのでしょうか?そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「お花見に興味がなさそうな彼氏を連れ出すとっておきのプラン」をご紹介します。

  • 【1】運動不足に効く「お花見×ハイキング」

    「たしかにTシャツの季節は2カ月後くらいに迫っているから、そろそろ運動しなきゃやばいとハッとする」(20代男性)というように、運動を兼ねたお花見デートを提案するパターンです。近所の散歩程度だと途中で簡単にリタイアできてしまうので、ここはハイキングコースに連れ出すのが正解でしょう。
  • 【2】食いしん坊に響く「お花見×デパ地下弁当食べ比べ」

    「お弁当ならいくら贅沢しても2人で5000円もいかないかなって、ちょっと気持ちが動きますね」(20代男性)というように、外で食べるお弁当を餌にお花見デートを提案するパターンです。鉄道成分のある彼氏なら、お花見×駅弁としても喜ばれるでしょう。