不意打ちにやられた!女子の上目遣いにドキッとした瞬間9パターン


小悪魔気取りの上目遣いで男性を落とそうとしても、相手によっては「わざとらしい…」とかえって距離を置かれてしまうもの。思惑通りのインパクトを与えたいなら、予想外のタイミングを狙うのが得策かもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「不意打ちにやられた!女子の上目遣いにドキッとした瞬間」をご紹介します。

  • 【1】混雑するエレベーターで向かい合う格好になったとき

    「至近距離で見上げられて、会話がまったく頭に入ってこなかった」(20代男性)というように、接近せざるを得ない状況なら、自然な形で効果的な上目遣いができそうです。ささやき声で話しながらじっと見つめて、相手をドギマギさせてしまいましょう。