門限が厳しいなりにデートを楽しむための工夫9パターン


娘の身を心配するあまり、厳しい門限を課す親は珍しいものではありません。そんな「箱入り娘」が門限までデートを思いっきり楽しむためには、どんな工夫が必要なのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「門限が厳しいなりにデートを楽しむための工夫」をご紹介します。

  • 【1】あらかじめ門限の時間を相手に伝えておく

    「行く前に伝えておけば、当日になって『マジで?』みたいな事態は防げます」(10代女性)というように、門限があることを前もって男性に知らせておけば、それをふまえたデートプランを考えてもらえるかもしれません。終了時刻がはっきりわかっていれば、お店の予約などもしやすくなるでしょう。