彼氏と長続きする女子は知っている!上手なケンカの収め方9パターン


どんなに仲がいいカップルでも、一度や二度は言い争いを経験するもの。交際を長く維持するためには、揉めたときの収め方が重要なのかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「彼氏と長続きする女子は知っている!上手なケンカの収め方」をご紹介します。

  • 【1】「そっちの気持ちを聞かせて」と相手の主張に耳を傾ける

    「向こうが興奮する前に、冷静な話し合いに導いたほうがいいですよね」(20代女性)というように、自己主張をするよりも、先に相手の気持ちを聞いてみるパターンです。頭にカーッと血が上ると収拾がつかなくなることが多いので、そうなる前に切り出しましょう。

  • 【2】「ここは好きだけどここは嫌い」という具合に、好きな点を先に伝える

    「大好きな前提があってのケンカなら、悪口の言い合いにはならないです」(20代女性)というように、まず愛情を示してからダメ出しすることで、ネガティブな印象を和らげる手もあります。彼氏の好きなところがすぐに出てくるよう、前もってまとめておくといいでしょう。

  • 【3】「好きな気持ちは変わらないけど…」と別れない前提でダメ出しをする

    「お互い投げやりにならないことが大事だと思います」(20代女性)というように、言いたいことを言う前に、「長く付き合いたいからこその要求」だと前置きするのもよさそうです。「好きだけど」「別れるつもりはないけど」などと、わかりやすい言葉で伝えたいところです。

  • 【4】「一言だけいい?」と言いたいことをコンパクトにまとめて指摘する

    「あんまりいろいろ言われたら私も嫌だし…」(10代女性)というように、あれもこれもと不満をぶつけすぎないのも、必要な配慮かもしれません。一番言いたいことはなんなのか、頭の中で整理しておくようにしてはいかがでしょうか。

  • 【5】「言い足りないことはない?」と彼氏の不満を発散させる

    「我慢して溜まった怒りが爆発すると大変なので…」(20代女性)というように、いっそ思いの丈をぶちまけてもらうのも、いいガス抜きになるようです。ただし、何を言われても冷静に受け止める必要はあるでしょう。

  • 【6】「ちょっと頭を冷やさない?」となるべく早いタイミングでケンカを中断させる

    「実際、少し席を外すだけで落ち着けるので」(20代女性)というように、ケンカがもつれる予感がしたら、あえてクールダウンの時間を設けてみるのもよさそうです。散歩したり、飲み物を飲んだり、気分転換になることを探しましょう。

  • 【7】お互いに「反省すべき点」を振り返り、「私も悪かったよね」と謝る

    「自分から先に反省を見せることがポイントです」(20代女性)というように、言い合いが一段落したところで、自分から先に反省点を述べると、仲直りのきっかけを作れるかもしれません。ただし、強引にまとめようとすると余計に揉める原因になるので注意が必要でしょう。

  • 【8】「これで終わりにしよう」とケンカを翌日に持ち越さない約束をする

    「怒りをひきずってしまうのはまずいと思います」(20代女性)というように、ケンカの収束をはっきり確認しあうことで、すぐに元通りの関係を取り戻すカップルもいます。特に根に持ちやすいタイプの彼氏には、上手に「切り替え」を促したほうがよさそうです。

  • 【9】「いろいろ言ってゴメンね」と最後に謝罪して終える

    「ケンカは先に謝ったほうが勝ちだと思います」(20代女性)というように、きちんと謝って矛を納めれば、お互いに後味も悪くならないようです。先にゴメンと言ってあげれば、彼氏もつられて反省してくれるかもしれません。

話を聞く、好きな気持ちを示す、先に謝るなど、ケンカを収めるのが上手な女性は、「相手に譲ること」がうまいようです。カッとなる前に、冷静に状況を判断したいものです。(外山武史)
Photo:All images by iStock